義歯|診療内容|大村歯科医院|静岡市葵区|一般歯科、入れ歯(義歯)、インプラント、予防歯科

義歯|静岡市葵区 大村歯科医院|入れ歯・義歯、歯科、予防歯科

現在のページ位置

天気と歯医者の関係

投稿日:2013.05.11

 

天気と歯医者。

なんの脈絡もないこの組み合わせ。

じつはかなり関係深いのです。

と言いますのも、天気が雨の場合、予約されていた患者さんのうち、必ず数名からキャンセルのお電話が!

 

はい、今日は雨。

静岡市葵区は雨の大盤振る舞い。

こういう日は、診療時間開始と同時に電話がきます(笑)

時には立て続けに予約キャンセルのお電話。

特に普段自転車や徒歩で来られる方はその確率が高いです。

しょうがないですよね。

だって雨じゃ自転車に乗れない。

歩いてきたら濡れる。

歯も今のところそんな痛くない。

だったら晴れた日に変えてもらって、今日は家にいよう。

そうお考えになるのも、ごもっともです。

 

それからご年配の方も、雨=キャンセルという方が多いです。

こちらはいろいろお体のご都合などがおありの方もおられるでしょう。

それにどうせなら、晴れた天気の良い日にお散歩がてら来るほうがいいですよね。

 

そんな中、割と天気に左右されない患者様グループ?がいらっしゃいます。

普段お仕事されている方……たとえば社会保険のご本人の患者さんです。

普段平日は夜までお仕事されてらっしゃる患者さんは、雨だろうが台風だろうが予約通りに来られる方が多いです。

もともと来られる日時で予約を取っていらっしゃるので、これを逃したらまた来ることができるのはかなり先になってしまうからかもしれません。

そして車で通勤されてるから、別に天気は関係なしという方もおられるでしょう。

 

晴れだとか、雨だとか、くもりとか。

天候なんて歯医者に関係ないなんて思っちゃいけません。

すごく左右されます、ほかのお医者様と違って。

その理由の最たるものは、たぶん「歯の治療は命にかかわらない」という根本的な概念から来ているかと思います。

下痢してしまった。

熱があって、頭がいたい。

なぜかわからないけど、胸のあたりが痛い。

そんなとき、人はどんな大荒れのお天気だろうと、病院へ行こうとします。

 

けれど、もう痛みをとってもらった後の継続治療中ならば、痛くもないし、処置してもらうのが1週間程度伸びたって、別になにも困らない。

じゃあ、まあ天気も悪いし、今日はいいか……みたいな。

 

それでいいと思いますよ!

たしかに歯の治療は継続してきていただいたほうが、最終的な来院回数も少なくてすむだろうし、患者様にとっても良い方向にすすめど、悪いことには絶対になりません。

それは間違いないです。

でも、だからって、無理矢理なんだか気分も悪いのに来ても、やっぱりそれはいいことはないですよね。

ただでさえ、キィーって神経に触るような音で治療されるのです。

お口をガバッとあけて、無防備にならなきゃいけないのです。

けっこうイヤなことずくめ?なんです、歯医者に来ると(笑)

だからせめて、お天気のいい日に、気分よく、ご来院ください!

 

あ、だからって、歯を抜いた次の日の消毒の予約とかは、雨だからってキャンセルしちゃだめですよ!

teeth-character_month06-01

 

 

 

 

 

  • ブログ内検索