義歯|診療内容|大村歯科医院|静岡市葵区|一般歯科、入れ歯(義歯)、インプラント、予防歯科

義歯|静岡市葵区 大村歯科医院|入れ歯・義歯、歯科、予防歯科

現在のページ位置

歯の痛みって怖い!

投稿日:2013.11.03

歯の痛みって、我慢できないもの。

みなさんお分かりの通り。

痛み始めると、気になってしょうがないです。

歯の痛みはお腹の痛みなどとは違って、口の中、つまり脳の近くで起こる痛み。

脳に近い分、痛みもキツイと言われます。

歯が痛み始めたらどうするか。

たぶんみなさんは、市販の痛み止めを飲んでやり過ごしますよね。

それで収まれば、いいか……と忘れてしまう方は多いです。

痛くなったら、とりあえず痛み止めでおさえつつ、歯医者に行こう……そう考える方は割と少ないです(笑)

どうしても歯医者って痛いイメージがあるんですよね。

できれば人生で避けたい場所……。

それもわかります!

だってあのキーンという音。

何十年経っても、全然音が変わらないのは、もうびっくりです。

医学も世の中も日々進歩しているのに、歯医者のあの音は不変。

もうわざとか!?ってぐらいに、不変(笑)

だから足が遠のくのも十分理解できます。

 

ですが……

歯の痛みには、とてもじゃないが痛み止めでは止まらない、強烈な痛みもあるのです!

そしてそれが起こると、もう無限の痛みのループ!

痛すぎて夜も寝れない、何もできないという状態に陥ってしまいます。

と、ここで体験談を一つ。

 

先日のことです。

7年ぐらい前にA歯科医院で根っこの治療をして、そのままにしておいた歯を、B歯科医院で改めて治療再開してもらうことになりました。

A歯科医院では、神経を取り、神経を取った部分を綺麗にお掃除して、仮止めしてくれました。

そしてそのまま7年。

時は流れ、仮止めが外れたので、これを機にしっかり治そうと決意。

Aさんは行きにくいので、別のB歯科医院さんへ。

(やっぱり、中途半端に勝手に行かなくなってしまうのは、あとあとで心苦しいものです(苦笑))

B歯科医院さんは、まずは全体の口の中のレントゲン写真(パノラマ写真と言われるもの)を取った後、既に根っこの治療がされているのを確認し、残った歯を少し削って、そこに土台(コアと呼ばれるもの)をセメントでつけてくれました。

次は、土台の型をとって、その次に土台に被せる歯を入れて、終わり。

簡単なこと……だと思っていました。

 

が、ところがどっこい!

この歯が、治療をした次の日からすごく痛みだしたのです。

もう痛くて痛くて、たまりません。

 

periodontosis_mechanism04

あわてて家にあった痛み止めを飲みましたが、まったく効きません。

ありとあらゆる痛み止めを試しても、どれも効かない。

しかもどんどんほっぺたが腫れてくるのです。

ほっぺたは熱を持っていて、顔全体がぼーっとした感じです。

2日間我慢して、我慢の限界がきました。

B歯科医院に電話して、ある日の夜、緊急で診ていただくことになりました。

ですが、先生は、

「そんなに腫れてませんよ」

と一言。

いやいやいや、腫れてるし!

歯をコツコツと叩かれて、 「これは痛みますか?」

痛い、痛い、痛すぎる!!

「もしかすると、歯茎じゃなくて、歯がおかしいのかもしれませんね。この状態ではなんともわかりません。一応お薬を出してみるので、これで様子を見て、もし飲み終わってもまだ痛かったり腫れていたりしたら、もう一度来てください」

でも痛み止め飲んでも痛いんですけど……???

「お出しする抗生剤が効いてくると、痛み止めも効いてくるはずです……」

はあ、そうですか……(ため息)

その場ではどうにかなることはなく、お薬だけもらって、痛いまま帰宅。

もらったお薬は、抗生剤と痛み止め。

抗生剤とは、菌を殺すお薬です。

今回いただいたのは、ジスロマックという抗生剤。 歯科分野でもかなりひどい感染のときに使います。

3日間飲むと、その後7日間効果があるという画期的なお薬。

 

ですが、このお薬、2日目ぐらいまではまったく効かないのです!

というより、効果を感じられないのです。

だから、飲み続けても、ずっと痛い。

お薬が効き始めるまではずっと痛いままなのです。

その間にもどんどん、顔は腫れて、もうマスクがないと外を歩けない状態です。

歯は痛い、顔も痛い、何もかもが痛い。

これほど歯の痛みに苦しんだことは、ありません。

そうこうして、3日目のお薬を飲んだ翌日、お薬が効いてきたのか、痛みが引いてきました。

万歳!

踊りたい気持ちで、どんどん引いていく痛みに感動しつつ、でもこの状況をどうにかしないとと、友人の勧めで別のC歯科医院へ行きました。

実は、痛い中で、いろいろ考えていたのです。

 

なぜ、こんなに痛いのか?

私なりの、理由は、「土台をつけたから」です。

7年前に綺麗にした根っこの部分ですが、7年の間綺麗なままでいるはずがない。

そう考えました。

だとしたら、根っこは実は、けっこう菌がうようよしていて、実は歯周病とかにもなっていたはず……。

なのに、B歯科医院では、根っこの部分がどうなっているか何も確認せずに、土台をたててしまった……ということではないか?

菌はマグマといっしょで、出口があればふくれあがることはありませんが、出口がふさがれると、急激に膨張していきます。 膿がたまってぽわっと腫れるのと一緒です。

実際に、予想は現実に……

C歯科医院で診ていただいたら、

「こりゃ、抜かなきゃだめだね」

と一言。

実はもう根っこはずっと前から腐っていて、どうにもならない状態だったのです。

結局、歯は抜くことになりました。

 

今回痛くなったことで、実は歯がもう使えないことがわかったという意味では、痛くなってよかったということです。

腐った歯に、そのまま土台を立てて、歯を綺麗に修復しても、しょせん土台がもろいので、すぐに何か別の困ったことが起こっていたでしょう。

今回の痛みの原因は、菌と膿でした。

これは歯周病でも同じことが言えます。

歯周病も、菌です。

これが膿をもったりすれば、今回のように、「死ぬほど痛い」状況になります。

歯の痛みは、何度も言うようですが、無視できるものではありません。

なにも集中できないです。

だから、痛くなったら、痛み止めの前に歯医者さんで診てもらいましょう。

そして、それ以前に、定期的に歯医者さんでチェックしてもらってください。

そうすれば、痛みとは無縁の人生です!

痛みと無縁の人生を送りましょう!

 

teeth-character_month10-04

 

歯周病とはなんぞや!? その4(治療の流れ)

投稿日:2013.09.05

 

歯周病治療には、手術っていう手段もあるの、知っていましたか?

一口に歯周病治療といっても、いろいろな方法や段階があります。

 

いきなり、ズバッと一発治してくれる……というわけではありません(苦笑)

歯周病の治療には、なが~い道のりがあるのです。

 

(1)まずは、歯周検査。

歯周病になっているのか、なっているなら歯周病がどれだけすすんでいるのかをチェックします。

 

たいてい場合は、初めて来られた際などに、衛生士さんたちが調べて、磨き具合や汚れ具合を書いた紙を渡

してくれます。

 

たま~にいらっしゃいますよ。

「えっと……今まで、生まれてから磨いたことってありますか……?」

って思わず訊きたくなってしまうような患者さん。

 

またはその逆で、

「え、今生まれたばかりですか?」

と言わんばかりにピカピカきれいな歯をお持ちの患者さん。

 

 

(2)次に、ブラッシング指導。

たいていの場合、まあ、けっこう磨き足りない患者さんが多いので、ここで治療の合間に衛生士さんたちが、みがき方を教えてくれます。

 

まあこの忙しい世の中、そんな毎日歯磨きに時間をかけてられないですよね。

意外とこの指導は、これまでちゃんと磨けていた患者さんでも気が付いていないことがあったりと、けっこう豆知識?が豊富です。

teeth-character_month11-01

 

(3)次の段階は、ぶらしでは取れない、もう固まって石になった、いわゆる歯石はスケーリングで機械的に取り除きます。

 

キーンという高い音がするので、結構ビビる患者さんもいらっしゃいますが、一気に歯と歯の間に隙間ができて、もうびっくりですよ。

 

(4)ここまでやって、またどれだけ改善されたか、歯周検査で再評価をします。

症状がひどいとまあ、ぶっちゃけ改善はあんまりなかったりします……が、もちろんここでぐっと良くなる患者さんもいらっしゃるわけで……

要は、ご本人の頑張り次第で、次のコマが決まる、というわけです(笑)

たいていの場合は、この段階で何度か、スケーリングや指導を繰り返したりします。

 

(5)再評価でよい診断とならないと、SRPという治療をします。

これはもう少ししっかりとお掃除を行う方法ですが、細かいことは今回は省きますね。

 

(6)そして、また検査と評価。

歯科では、歯周病治療では一つの段階を終えるたびに検査と評価で判断していきます。

 

(7)ここまでで、「だめだ、こりゃ」となると、最後の手段、外科的手段をとることになります。

これは私たちの間では「フラップオペ」「フラップ」と呼ばれているもので、麻酔をして歯肉を切って、普段はお肉の中に隠れて見えない部分、つまり歯肉の下の歯石や汚れをとります。

 

まさに「歯周ポケット」に直接切り込んでいって、原因を取り除く、ということです。

 

外科的手術って……となんとなく恐い響きですが、手術中は麻酔をしているから、痛くありません。

その後数日は腫れたり、痛かったりする場合もありますが、痛み止めが処方されるので、お薬を飲んで痛みをとめます。

 

この段階(7)まで来るには、初診から数か月はかかります。

 

(8)またまた検査と評価。

外科的手術をして、状態がどうかをチェックします。

 

(9)もう二度と歯周病がひどくならないように、メンテナンスを続けていきます。

 

……と、これが歯周病治療の流れです。

 

歯周病になるには、いろいろな原因があります。

一概に歯石や汚れが原因だとか、磨き方が悪いといったことだけが原因かというと、そうでもない場合もあります。

 

たとえば、歯ぎしりとか、かみ合わせとか、歯並びとか、持病だとか。

いろんなことが要因となっている場合があり、これらもまたそれぞれ改善していかないといけないのです。

 

ホント、歯は奥が深いです……。

 

teeth-character027

夏季休業日について

投稿日:2013.07.26

幣院の夏季休業日ですが、

 

今年は8月11日(日)~15日(木)となります。

 

この前後は予約が混み合いますので、定期健診その他現在定期的に通院されていない患者さんでご予約希望の方は、お早目にお電話ください。

最近、午後の予約が取りづらくなっております。

午後のご予約についても、お早目にお電話いただくことをオススメしております。

”ご利用は計画的に”ですね……って、これじゃ某有名会社さんのCMのパクリですね……

« Previous   Next »

  • 求人募集
  • ブログ内検索